テレビドラマ

テセウスの船|原作漫画のあらすじ、犯人ネタバレ【ラスト結末まで】

テセウスの船のコミックの写真

TBSで日曜夜10時から放送している「テセウスの船」には原作漫画があります。

今回ドラマ化にあたって原作漫画全10巻を読破してきたので、ラストまでのストーリー、あらすじをご紹介します。この記事には犯人のネタバレも記載しているので、ネタバレを希望しない方はご注意ください!

 

テセウスの船の原作漫画・あらすじ

平成元年、北海道の田舎にある小さな村で起きた毒物混入による大量無差別殺人事件の犯人として逮捕された元警察官の息子が主人公。父親の逮捕で家族ともども苦しい人生を送ってきた主人公(竹内涼真)が、事件前の現場にタイムスリップし、事件発生前の人々と関わりながら事件の真相に迫るというストーリーです。

ドラマの宣伝映像がこちら。

原作漫画では主人公が「現代→過去→現代→過去」と何度もタイムスリップを繰り返し、全部で4つの舞台を行き来しながらそれぞれの時間軸でストーリーが進み、犯人究明と事件発生を食い止めるというのがザックリとしたあらすじです。

さらに主人公の心が過去に戻ったことで本来の過去とは別のシナリオが描かれ始め、主人公も知らない予期せぬ事態が次々に起こりながら、犯行に移そうとする犯人側とそれを食い止めようとする主人公側の攻防が繰り広げるサスペンスドラマです。

ストーリーのクライマックスは小学校のお泊り会で起きた青酸カリ混入による児童集団殺人事件当日ですが、その前に繰り返し起きた不審な事件を主人公が時系列で追体験しながら、実の父である佐野文吾(鈴木亮平)と心が協力し、過去の世界で事件発生を食い止めようという展開で話が進みます。

原作漫画で犯人が判明するのは8巻あたりで、ストーリーの中で犯人判明後も事件発生を巡って激しい攻防が繰り広げるサスペンスになっていますので、最後まで目が話せないドラマになるかと思います!

テセウスの船の見逃し配信は動画配信サービスParaviで視聴することができ、初回登録であれば最初の2週間は無料で視聴できます。過去回を見逃してしまた方はぜひParaviで見逃し配信をご視聴ください。

⇒ テセウスの船|再放送予定・見逃し配信をネットで無料視聴する方法

 

原作漫画の紹介


テセウスの船は東元俊哉さん原作、講談社から出版されている漫画です。2017年6月からモーニングで掲載され、単行本は全10巻、最新の最終巻は2019年12月23日に発売されました。

猟奇的な殺人を扱う作品ですので、原作漫画ではややグロテスクで薄気味悪い演出もあり、漫画を読んでいるだけでもハラハラするというか、迫力のある画の影響もあり、ハラハラドキドキのサスペンス要素が強い作品という印象でした。

今回はドラマ化なので、グロテスクな演出も映像作品の中ではマイルドなものになると思いますが、かなり気持ちの悪いグロシーンも多少混じってくるかなぁと思いますし、放送後が犯人が誰か?の推測合戦も加熱しそうです。

テセウスの船の原作漫画は各電子書籍サイトにて購入可能ですので、原作ストーリーが気になる方はぜひ。

テセウスの船(1)/ebook Japan

テセウスの船(1)/楽天

 

テセウスの船・犯人のネタバレ

さて、ここからテセウスの船のネタバレを記載していきます。

犯人の詳細やストーリーのネタバレを希望しない方はこれより先はご遠慮ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず青酸カリ混入による連続無差別殺人の犯人は加藤みきおという少年です。

主人公の田村心が臨時教員として小学校に赴任した際、一緒に転校生として登場した少年で、その後田村心がタイムスリップから戻ってきた未来の世界で姉の鈴の婚約者として出てくる人物です。

前半戦はほとんど存在感がなくノーマークの人物ですが、心が過去から現代に戻ってきた未来から主要人物として登場し、クライマックスに近づくにつれて重要度、存在感がどんどん増していきます。

ちなみに主人公の心が2度目のタイムスリップで過去に戻った際、犯人である加藤みきお(未来の世界では木村みきお)も心と一緒に過去にタイムスリップしているという点がスリリングな展開を生んでいきます。

 

連続殺人事件の詳細ネタバレ

連続無差別殺人はもちろん、その事件前の三島千夏ちゃん、三島明音ちゃん、中盤戦で起きる金丸刑事の殺害も彼が主犯です。

ちなみに犯行動機は、「田村心の姉にあたる佐野鈴に恋心を抱き、彼女を独り占めし、自分が鈴にとっての正義の味方になるため」でした。

三島明音ちゃん殺害事件は、少年だった加藤みきおが新聞配達員だった長谷川翼に青酸カリの調達を以来。長谷川翼が自身の婚約者であった佐々木紀子に彼女の勤め先である木村鍍金工場から青酸カリを調達してくるよう指示。

青酸カリを手に入れた加藤みきおは、次々に猟奇的な殺人を繰り返していきます。

加藤みきおが年上の長谷川翼を操れたのは、日頃から長谷川翼が加藤みきおに性的虐待を加えていたため、その事実を世間に公表するという脅しをかけたから。

さらに長谷川翼は婚約者の佐々木紀子に暴力を奮っていたため、青酸カリの調達にまんまと成功しました。

 

テセウスの船のラスト(結末)のネタバレ

テセウスの船の結末だけ記載しますと、過去にタイムスリップした世界では

  • 無差別集団殺人事件は犯行阻止に成功
  • 佐野も犯人として逮捕されずに済んだ

という事実があるものの、それと同時に

  • 過去にタイムスリップしていた田村心はその世界で殺害される

という今までにない過去のシナリオに落着します。

ちなみに一緒にタイムスリップしていた大人になった加藤みきおにが佐野文吾を殺害しようするも、それをかばう形で刺され、本来の事件発生日である平成元年6月24日にそのまま死亡しました。

しかし、佐野文吾が冤罪で逮捕されずに済んだ世界の未来では、佐野家は全員が幸せに暮らします。事件後に生まれる心も一般人として生涯を送り、夢であった学校教師の夢も叶え、職場で岸田由紀子と出会うというハッピーエンドです。

 

事件のカギを握る重要人物

事件の真相は「加藤みきお」という少年ですが、彼の周囲にいる重要人物たちが数名います。

 

佐々木紀子(芦名星)

三島明音ちゃん殺害事件に絡んだ長谷川翼の婚約者で、青酸カリを勤め先の工場から盗んで調達してきた人物です。

過去から戻ってきたあとの未来の世界で冤罪で逮捕され拘置所に拘束されている佐野の無実を裁判で証言しようとするが、養子縁組を結んで加藤みきおの母となっていた木村さつき先生に目をつけられ、最終的に彼女に殺害されます。

中盤戦では事件真相に迫る重要人物となっていきます。

 

木村さつき先生(麻生祐未)

事件発生当時のクラス担任の先生。

事件発生当時は犯行には関わりませんが、未来で新しい犯行に手をかける人物です。

祖母が亡くなり身寄りがいなかった教え子の加藤みきおを養子として迎え入れ、彼の母となります。しかし義理の息子となったみきおが、実は集団無差別殺人事件の犯人であることを知ってしまい、事件発生から何年も経過した未来の世界で、佐野の無実を証明しようとする佐々木紀子が邪魔になり殺害。

このまま佐野が真犯人として死刑を執行してくれれば、息子は警察に捕まることもないが、佐野の無実が証明されれば息子への疑いが向けられることを恐れ、元学校教師でありながら、義理の息子を守るために様々な手を下していきます。

ちなみに過去の世界での最後の結末では、主人公田村心とともに大人になった加藤みきおに襲撃されます。

 

原作漫画「テセウスの船」

テセウスの船の最終巻のコミック写真

日曜劇場「テセウスの船」はTBSで毎週日曜よる9時~放送中。

原作漫画はebook Japanなどの各種書籍サイトで、見逃し配信はParaviにて!

テセウスの船(1)/ebook Japan

Paravi<公式>

テセウスの船|見逃し配信動画をネットで無料視聴する方法

 

 

-テレビドラマ

Copyright© VODフリー! , 2020 All Rights Reserved.